/

この記事は会員限定です

ソロキャンプ、お得に 専用区画や万能調理具も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、「3密」を避けて1人で楽しむソロキャンプ。通常よりも宿泊料金が安いソロ専用区画を設けるキャンプ場も増えてきた。初心者にとっては高価なお一人様用のキャンプ用品も、アウトレット店やフリーマーケット(フリマ)サイトを使えばお得に手に入る。

都心から車で約3時間。群馬県長野原町の「北軽井沢スウィートグラス」は約10万平方メートルの広大なキャンプ場だ。その一角にはソロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン