/

この記事は会員限定です

鉄の吸収を促進、安価な肥料開発 徳島大など

[有料会員限定]

徳島大学や愛知製鋼などは、農地に不向きなアルカリ性の土壌で農業を可能にする肥料を開発した。イネ科の植物が根から出す成分を改良した。植物が育ちにくい土地での食料生産などに役立てたい考えだ。

世界で約3分の1を占めるアルカリ性土壌では、鉄分が水に溶けない水酸化鉄として存在する。植物が根で鉄分を吸収できず、農耕に適さない。水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン