/

この記事は会員限定です

島正博(20)オイルショック

需要減退、債権者が次々と 資金繰りに奔走、専務が自死

[有料会員限定]

労働争議が収まらない中、1973年3月に36歳になった。20年前の新聞勧誘のおじさんの予言を忘れたことはない。「気いつけなあかん。36歳で死ぬかもしれん」

だが、くよくよ考え込んでいるヒマはない。「消費は美徳」といわれた高度経済成長期の末期、ニット製品は庶民に幅広く普及。島精機の機械の売れ行きは絶好調で、この時期売り上げは前年比1.5倍のペースで増え続けた。

潮目の変化は突然来た。同年10月6日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません