/

この記事は会員限定です

伊方再稼働 高裁認める

東海第2は認めず リスク評価割れる

[有料会員限定]

広島高裁(横溝邦彦裁判長)は18日、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた2020年1月の同高裁の仮処分決定を取り消し、再稼働を容認する決定を出した。3号機は10月末にも再稼働する見通しとなった。一方、水戸地裁(前田英子裁判長)は18日、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の運転を認めない判決を言い渡した。

関連記事を社会2面に

20年1月の広島高裁決定は、四国電によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン