/

この記事は会員限定です

太平洋の光ケーブル、中国企業の入札無効

日米豪懸念で

[有料会員限定]

日本とフランス、中国の企業が参加していた太平洋の光海底ケーブル(総合2面きょうのことば)の入札が無効になったことが分かった。中国企業が最も安い価格を示したのに対し、日本や米国、オーストラリアが安全保障上の問題を指摘していた。海底ケーブルでは米国と香港を結ぶ米フェイスブックの計画も撤回を迫られた。米中の分断が世界の通信インフラ整備に影を落としている。

入札が取り消されたのはミクロネシア連邦、キリバス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン