/

この記事は会員限定です

日産、車体に再生アルミ

UACJなどと連携、CO2削減 まずSUV「ローグ」に

[有料会員限定]

日産自動車UACJなど日米のアルミ圧延大手と連携し、自動車の製造時に出るアルミニウムの端材を車の部品に大規模に再利用する取り組みを始めた。まずは人気車種「ローグ」(日本名エクストレイル)に採用し、他の車種にも広げる。アルミは軽量化の目的で車への使用量が増えているが、材料の製造時に二酸化炭素(CO2)の排出量が大きい。燃費だけでなく製造工程を含めた脱炭素の動きが広がる。

日産は日産自動車九州(福岡県苅田町)や米スマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン