/

この記事は会員限定です

EU、人権重視で米と歩調 中国制裁へ

ウイグル問題巡り「経済優先」批判かわす

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)が中国の人権侵害に圧力を強める。17日の大使級会合で中国の当局者らに制裁を科す方針を決めた。少数民族ウイグル族の人権を尊重するよう圧力をかけるのに加え、バイデン米政権と足並みをそろえたい思惑がある。

EUが中国の制裁に踏み切るのは、EUの前身組織の時代を含めて、1989年の天安門事件以来。発動されればEU内の資産凍結や域内への渡航が禁止される。実効性がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン