/

この記事は会員限定です

ESGは業績の免罪符か

ダノンCEO解任、もの言う株主が迫る

[有料会員限定]

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」3月17日号ではESG(環境・社会・企業統治)経営の旗振り役を務めてきた仏ダノンの経営トップ解任について論じた。主な内容は以下の通り。

昨年、フランス食品大手ダノンの株主は、同社が正式に「ミッション(使命)を果たす会社」を名乗ることを承認した。同社のエマニュエル・ファベール最高経営責任者(CEO、当時)はESGの観点を重視した経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン