/

この記事は会員限定です

大人の数検にデジタル証

日本数学検定協会マネジャー 近藤恵介氏

[有料会員限定]

小中学生のころから算数・数学に苦手意識をもつ人は多い。日本数学検定協会は社会人や大学生向けの「ビジネス数学検定」の合格者にバッジ式のデジタル証明書を発行し、受検者を増やしている。同協会マネジャーの近藤恵介氏は「数学が嫌いだった人が興味を持つきっかけになれば」と話す。

ビジネス数学検定はデータの読み方や活用、グラフの表現法など実務で使う数学力を測ろうと2006年に始まった。新入社員を想定した3級...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン