/

この記事は会員限定です

原発配管に予期せぬ亀裂

再稼働見通し険しく

[有料会員限定]

関西電力の原子力発電所で予期せぬ傷が見つかり、再稼働が遅れる事例が相次いでいる。大飯原発3号機(福井県おおい町)では、原子炉を冷やす一次冷却系の配管で亀裂が見つかり、再稼働の見通しが立っていない。高浜原発(同県高浜町)では長期停止が一因とみられる異物で配管が傷ついた。ほかの原発でも点検の強化や予防策の導入が求められる。

大飯3号機は出力118万キロワットの加圧水型軽水炉(PWR)。東京電力福島第1原発の事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン