/

この記事は会員限定です

政策保有株、売却益5割増 今年度1兆円超

手元資金に充当も、リーマン後最大の公算

[有料会員限定]

上場企業の政策保有株の売却益が膨らんでいる。2020年4月から21年3月16日までの売却益の合計は約1兆500億円となり、20年3月期に比べて5割増になった。株高で売却益が出やすくなっている。今期の売却益はリーマン・ショック後で最大になる公算が大きい。コロナ禍で減少した手元資金の確保に充てる企業も目立つ。

日本経済新聞社が上場企業約1580社(新興市場や親子上場の子会社、金融など除く)の政策保有株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン