/

この記事は会員限定です

発電所新設、促進へ新制度 経産省が素案

[有料会員限定]

経済産業省は17日、発電所の新設投資を促進する新制度の素案を示した。発電事業者が持つ電力の供給力に対して複数年、固定額の対価を受け取れる仕組みを軸に検討する。近年の電力の市場価格低下で発電所の新設費用をまかなえない懸念が出ており、制度面での対応の必要性が指摘されていた。

同日の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン