/

この記事は会員限定です

伝統医学、コロナで脚光

インド

[有料会員限定]

インドで伝統医学「アーユルベーダ」が再び脚光を浴びている。新型コロナウイルスの感染者数が世界で3番目に多いインドでは、伝統医学に基づく薬草やスパイスが免疫向上をもたらし、感染予防に役立つという認識が国民の間で広がった。いったんは廃れていた療法だが、コロナ禍で効能が見直されている。

「友達から免疫向上に役立つと勧められて飲み始めたが、確かに体調が良くなった気がするわ」。インドの首都ニューデリーで自営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン