/

この記事は会員限定です

iPS培養液の副産物 アイロムが化粧品に配合

肌荒れ改善効果に期待

[有料会員限定]

医薬品の開発を支援するアイロムグループは再生医療事業の副産物を配合した化粧品を3月中旬に発売する。子会社のIDファーマ(東京・千代田)がiPS細胞を培養して研究機関などに販売する事業を手掛けており、培養液の上澄みを利用する。医薬品を研究開発するノウハウを化粧品に応用する。

子会社のアイス(北海道芦別市)を通じ化粧品を製造販売する。iPS細胞を培養した上澄み液にはサイトカインなどの神経伝達物質が含まれており、細胞の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン