/

この記事は会員限定です

みなとみらい20年来街者 コロナ影響 28%減に

横浜市調べ

[有料会員限定]

横浜市の調査によると、みなとみらい21地区の2020年の来街者数は前年比2300万人(28%)減の6040万人だった。新型コロナウイルス感染拡大で、外出自粛ムードが続いたことなどが影響した。買い物客の減少に加え、音楽ライブなどイベントがほとんど行われなかったことも要因という。

ここ数年は企業本社の移転や集客施設の開業などで来街者が増加傾向だった。20年もオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン