/

この記事は会員限定です

介護人材育成の奨学金利用 外国人留学生、今春に就職

道内8町村の福祉施設に

[有料会員限定]

北海道東川町などによる介護人材の育成制度を利用した外国人留学生が4月、初めて道内8町村の福祉施設に就職する。北工学園旭川福祉専門学校(同町)を卒業する留学生20人だ。2021年度の参加自治体は21市町村に拡大し、外国人材の育成定着を目指す。

東川町が主導し、18年12月に設立した「外国人介護福祉人材育成支援協議会」は高齢化社会で人手不足に悩む道内施設を支援しようと道内自治体が連携。返済不要の給付型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン