/

この記事は会員限定です

日産、EV電池再利用加速

供給力1.7倍の年5000台 ビル・家庭の蓄電池に

[有料会員限定]

日産自動車は電気自動車(EV)の使用済み電池の供給能力を、現状の1.7倍となる年間5000台規模に引き上げる。回収した電池の能力を見極めビルや家庭の定置型蓄電池などとして販売する。世界で電動車シフトが進む中、使用済み電池の再利用で先行する。再生エネルギーの安定供給にも寄与しそうだ。

日産はEV「リーフ」の廃車や電池の交換で使用済み電池を調達している。回収した電池の容量などを評価した後、品質の高い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン