/

この記事は会員限定です

コンビニ、百貨店化のワナ

高単価路線が裏目に、価格志向の顧客はスーパーへ

[有料会員限定]

近くて便利な存在であるコンビニエンスストアはここ数年、足踏みが続く。新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけ、都心店を中心に「コンビニ離れ」が顕著だ。百貨店のように高単価スイーツなどの強化で収益強化を進めるが、日常消費の場としての価値がさらに低下する懸念もある。

2020年秋冬のTBS系ドラマ「この恋あたためますか」は、コンビニでのおいしいスイーツづくりが物語の中心で、まさに今の業界を象徴して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン