/

この記事は会員限定です

高齢ドライバーの技能検査

信号無視者など対象、計11項目

[有料会員限定]

警察庁の有識者会議は12日までに、改正道路交通法で義務化された運転技能検査(実車試験)の採点基準などの概要をまとめた。高齢運転者対策の一環で、対象は信号無視など11項目の違反のうち一つでも該当する違反歴のある75歳以上とする。詳細を詰めた上で2022年6月までに施行する。

高齢運転者対策は、19年に東京・池袋で母子が死亡した暴走事故がきっかけとなって議論が進み、20年6月成立の改正道交法で、高齢ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン