/

この記事は会員限定です

メッセンジャーRNAワクチン、国産初の治験へ

第一三共、下旬にも

[有料会員限定]

第一三共が新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を3月下旬にも始める。国内接種が始まった米ファイザー製と同様の「メッセンジャーRNA(mRNA)」という物質を国内勢で初めて採用した。実用化は2022年度以降になる見通し。ワクチン開発では欧米勢が先行したが、国産技術の確立で海外勢に依存しないコロナウイルスに備える体制作りを急ぐ。

mRNAは細胞内で様々なたんぱく質を作る指令を出す物質。従来ワクチンは生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン