/

この記事は会員限定です

買収目的会社への投資「セレブ参画でも慎重に」

米SEC、個人に注意喚起

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】セレブの関与だけでSPAC(特別買収目的会社)への投資を決めないで――。米証券取引委員会(SEC)は10日、個人投資家向けに異例の注意喚起を発表した。SPAC創設者や初期投資家には投資会社や起業家に加え、元大リーガーなど著名人の名前も目立ち、個人マネーをひき付けていた。米当局は過熱ぶりに警戒を強めているようだ。

SPACは有力企業との合併のみを目的とした「箱」のような上場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン