/

この記事は会員限定です

人口減時代の住宅・土地制度を

大阪経済法科大学教授(日本経済論) 米山秀隆

[有料会員限定]

人口減少により不動産の価値が下がり、放棄された物件が各地で朽ち果てた戸建てやマンション、荒れた土地などとして問題を引き起こしている。本来は所有者が管理や処分の責任を負うべきである。しかし責任が果たされない結果、自治体が取り壊しなどを行い、その費用を回収できず公費負担になる例が増えている。所有者が不明の場合、誰も管理責任を果たさないという問題も生じている。

この問題は空き家対策特別措置法で所有者の対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン