/

この記事は会員限定です

海外航空 1便100人まで

水際対策再び強化 政府、変異ウイルス警戒

[有料会員限定]

政府は人の移動が増える年度末に向け、新型コロナウイルス感染の水際対策を強化する。国土交通省は日本に就航する国際線について、国内の航空会社には1週間あたりの旅客者数を3400人まで、海外の航空会社には1便当たり100人までに抑えるよう要請した。日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)は予約の一時停止などで対応する。

国交省は新型コロナの感染が拡大した2020年4月以降、旅客数の上限設定の要請を始め、状況に応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン