/

この記事は会員限定です

大成建設、AIで設計支援 社内のデータベース活用

業務時間を1割削減

[有料会員限定]

大成建設はビルなどを設計する業務の一部を人工知能(AI)がサポートするシステムを開発し、運用を始めた。過去の設計データから類似する事例などを呼び出し、課題の解決に生かす。従来は膨大な社内データベースの活用が遅れていた。全従業員約1万人のうち設計には1割の約1000人が在籍するが、部門の業務時間を最大1割削減する効果を見込む。

大成建設が持つ過去5年分の設計図面や、設計の過程で指摘された不備と解決策などのデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン