/

この記事は会員限定です

トラック電動化、どう実現? 燃料電池車の開発優先

いすゞ自動車社長 片山正則氏

[有料会員限定]

トラックやバスなど商用車では航続距離などの問題から電気自動車(EV)などの電動化は難しいとされてきた。だが国内でも2035年までの商用車の電動化目標が6月にも決まる見通しだ。電動化をどう進めるのか。いすゞ自動車の片山正則社長に聞いた。

――車に対する脱炭素の圧力が強まっています。

「日本政府は35年までに全ての乗用車の新車販売を電動車とする目標を掲げた。商用車でもそれに準ずる規制を設けることは受け入れる。今ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン