/

この記事は会員限定です

処理水の風評、対策万全に 福島県知事インタビュー

県企業の廃炉参加めざす

[有料会員限定]

東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故から10年を前に、福島県の内堀雅雄知事がインタビューに応じた。原発にたまる放射性物質を含む処理水について、風評被害への万全の対策を政府に要請していると述べた。

経済活性化の原点は県内企業がいい製品を作って稼ぐこと。もう1つの柱が新しい産業をつくることだ。ロボットなどのほか、核になるのが東電が手掛ける廃炉。地元企業が参加できるか否かが、福島が経済的により...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン