/

この記事は会員限定です

NIKKEI Financial地銀実力調査(上)コロナ禍で経営体力に差

下位行は再編の動きも

[有料会員限定]

NIKKEI FinancialがまとめたRAV調査は、地銀の総合力を最上位SからEランクまで6段階に分類する。2020年9月期では、平均を上回るB以上に全体の約4割の40行が入った。20年3月末はB以上が70行を超えていた。コロナ禍の長期化に伴い、上位行と下位行で経営体力に差が開いている実態が浮かび上がった。

1面参照

Sランクには静岡銀行千葉銀行など4行が入ったほか、Aランクには山口銀行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン