/

この記事は会員限定です

患者のデータ 活用しやすく 製薬目的なら同意不要に

政府、個人情報保護法の例外扱い

[有料会員限定]

政府は患者の医療データを医薬品の研究開発に使いやすくする。過去の臨床試験や治験のデータを使いたくても、当時の患者が追跡できなかったり既に意思疎通が取れなかったりして、本人同意を集められない問題があった。症例研究や医療技術向上などの目的なら、本人の同意なしで医療機関が製薬会社に個人データを提供できるようにして効果的な新薬の開発を促す。

個人情報保護法はデータの外部提供には原則として本人の同意が要るこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン