/

この記事は会員限定です

取締役会改革、着地点を示せ

[有料会員限定]

社外役員の基準人数が漸進的に引き上げられてきた。最初は監査役の半数以上、次に取締役の少なくとも1人、その次は2人以上。徐々に引き上げられ、必要人数をどのように確保するかが企業側の対応の中心課題となってきた。

いつまでもそれだけでは済まされないだろう。社外取締役の数が増えると、取締役会の運営方法も変わらざるを得ないからである。だが旧態依然の運営をしている企業が多いと思われるのは、最終的な着地点が示さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン