/

この記事は会員限定です

変異ウイルス、ブラジル型猛威

接種効果弱める恐れ WHOが警鐘

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異ウイルスで、ブラジル型が猛威を振るっている。ブラジルでは新規感染者が急増し勢いが止まらない。感染力が高く、既存のワクチンの効果を弱めるとの報告もあり、注意が必要だ。世界保健機関(WHO)は警戒を呼びかけている。

ブラジル型は遅くとも昨年12月には出現していた。ブラジルのサンパウロ大学などの研究チームが、同国北部の都市マナウスで変異ウイルスの流行が拡大していると報告した。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン