/

この記事は会員限定です

水道・電気 AIで自動検針

大崎電気、ビル管理効率化

[有料会員限定]

大崎電気工業は人工知能(AI)を活用し、ビルや商業施設の管理業務にかかる人手を削減できるシステムを開発する。第1弾として水道や電気のメーターの検針を自動化し、パソコン上でビルの管理に必要な情報を把握できるようにする。

AI開発のアシオット(東京都町田市)とシステムを共同で開発し、実証実験をへて不動産管理会社向けに商用化する。2026年3月末までに1000施設へのシステムの導入を目指す。

従来は機械式メーターを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン