/

この記事は会員限定です

日本勢、ネット融合後れ

来店前提のモデルに限界

[有料会員限定]

日本の小売りも新型コロナで大転換を迫られている。セブン&アイ・ホールディングスは約2万1千の店舗網を誇るセブンイレブンを基点に、ネットで注文した商品を自宅まで届けるサービスを広げる。米国に比べて後れを取るデジタル事業の行方が、今後の成長を大きく左右する。

「傘下のファミレスやスーパーの商品も共同宅配できるシステムを構築する」。井阪隆一社長はセブンイレブンを中心に、グループの商品を一括で届けるビジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン