/

この記事は会員限定です

ウォルマート、ECに1.5兆円 物流自動化や宅配強化

今期、セブン&アイの10倍

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、河内真帆】米小売りで新型コロナウイルス下のネット通販を巡る投資競争が激化している。米最大手ウォルマートは2022年1月期に物流施設の自動化などに140億ドル(約1兆5千億円)を投じる。日本のセブン&アイ・ホールディングスの10倍以上の規模だ。ネット通販の存在感が増すなか、戦略の巧拙で一段と選別が進む可能性がある。

「20年に加速した小売りの変化は続く。強力な成長に向け積極投資すべき時だ」。ウォルマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン