/

この記事は会員限定です

吉利、鴻海流でEV拡大 折半合弁で受託生産

技術結集「規模の経済」追う

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の民営自動車最大手、浙江吉利控股集団が電気自動車(EV)事業で台湾の鴻海精密工業と組む。他社製品の生産も受託して「規模の経済」を追う。吉利はこれまでも、スウェーデンのボルボ・カー買収などで社外のノウハウを取り込んできた。鴻海など異業種との提携拡大で生き残りを目指す。

吉利の李東輝最高経営責任者(CEO)は「自動車産業は変革の時代を迎えており、幅広い連携を追求しなければならな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン