/

この記事は会員限定です

シベリア融解がはらむ危機

上級論説委員 坂井光

[有料会員限定]

2月19日、ロシア・シベリア極北にある液化天然ガス(LNG)の積み出し港、サベッタに同国の砕氷型LNG船が到着した。氷に覆われた北極海を航行し、中国・江蘇省との往復航海を終えた。

この地から欧州に向かう航路は1年を通して航行可能だが、アジアに向かうには氷が薄い7月から11月までが限界だった。それが今回初めて真冬に成功した。

この事業は日本企業も縁が深い。プラント建設は日揮ホールディングスが手掛け、輸送の一部を商船三井が請け負...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン