/

この記事は会員限定です

不妊治療の助成、変更点は 上限額や回数引き上げ

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子さん

[有料会員限定]

夫婦で話し合い、不妊治療を始めることにしました。今年から国などによる治療費への支援が拡充されると聞きました。どう変わったのでしょうか。

不妊治療は通常、検査をして原因を調べた上でタイミング法や排卵誘発法、人工授精、体外受精などと段階的に進みます。このうち体外受精や顕微授精といった「特定不妊治療」に対する助成が1月から拡充されました。治療には高額な費用がかかり、将来的には健康保険の適用が検討されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン