/

この記事は会員限定です

中小の経常益、1割がコロナ補助金

一律の持続化給付金など財政頼みに 10~12月

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で中小企業の補助金頼みが強まっている。民間推計によると、資本金1000万円以上1億円未満の中小が受けた持続化給付金や雇用調整助成金などの政府補助金は2020年10~12月期に少なくとも6000億円規模だったとみられる。補助金が経常利益の1割を占めるいびつな収益構造になっている。

財務省の法人企業統計では、政府補助金は仕入れ割引や為替差益、不動産賃貸料などとともに「その他の営業外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン