/

この記事は会員限定です

JR東、初の自動運転

常磐線一部区間、13日から

[有料会員限定]

JR東日本は13日から常磐線各駅停車(綾瀬―取手駅間)で自動列車運転装置(ATO)を使った運行を順次始める。8日、試運転の様子を報道陣に公開した。ATOは加速や減速を自動で行う装置で、東京地下鉄(東京メトロ)や都営地下鉄の一部路線で導入済み。JR東では初めての導入となる。

試運転では松戸―我孫子駅間を往復した。運転士が「出発、進行」と声に出し、ブレーキの解除に合わせて手元の出発ボタンを押すと、列車が動き始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン