/

この記事は会員限定です

監査にGPSデータ

あずさ、船の運航状況で資産評価

[有料会員限定]

あずさ監査法人は全地球測位システム(GPS)で得られるデータを使った監査を始める。監査先の海運会社の船舶がどう運航しているかリアルタイムに把握し、関連する資産や収益が決算書に適切に計上されるようにする。監査の精度を高めるとともに監査業務の効率化につなげる。非伝統的な外部データを活用する動きが会計にも広がってきた。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と提携し、GPSで運航状況をリアルタイムで把握できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン