/

この記事は会員限定です

リモート副業、地方潤す喜び

銘菓を「旗揚げ」・東京店の販売戦略 UIターンの糸口に

[有料会員限定]

大都市圏に住み働く人が、副業で地方企業をお手伝いする。新型コロナウイルスの影響で広がるリモートワークが、こんな動きを後押ししている。景気が減速し雇用に対する不安が広がる中、スキル向上と地域貢献が一度にできるのが魅力だ。自治体も副業希望者の誘致イベントを開催するなど、将来の住民候補として熱視線を送る。

外資系消費財メーカーに勤める金沢市出身の松岡留美さんは、コロナ禍で本業が在宅勤務になったことを受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1563文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン