/

この記事は会員限定です

米・EU、報復関税4カ月停止

航空機紛争巡り

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領と欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は5日、電話で協議した。航空機メーカーへの補助金を巡る貿易紛争で互いに課している報復関税を4カ月停止することで合意した。「休戦」して解決策を探り、米欧関係の修復を目指す。

双方の国内手続きを経て、関税の徴収を4カ月間とめる。米国は2019年10月から航空機やチーズなど最大75億ドル(約8100億円)分のEU製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン