/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

昨年春に亡くなった映画監督、大林宣彦さんの「廃市」は1983年9月にわずか2週間ほどで撮影された。たまたま、監督も含めスタッフらの休暇が重なることがわかり「これを機に、長年やりたかったものを撮ろう」と、ロケ地の福岡県柳川市に乗り込んだという。

▼ただ、日程は過密で俳優が本番中に眠ってしまったと伝わる。地元の人々の協力もあり、完成した105分の作品は、旧家の姉妹の心もようを詩情豊かに描き、見る者の胸に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン