/

この記事は会員限定です

電車、再生エネで運行

JR東、30年度に使用電力の2割に

[有料会員限定]

JR東日本は、2030年度までに鉄道事業の全使用量の約20%に相当する電力を、風力や太陽光による再生可能エネルギー(水力除く)による自家発電に置き換える。自家発電の約4割を賄う液化天然ガス(LNG)発電所も次世代燃料電池発電への切り替えを検討する。環境負荷の少ない交通機関として鉄道は世界で見直されているが、脱炭素の流れを受け一段の環境対応を急ぐ。

JR東日本の鉄道事業は19年度に199万トンのCO2を排出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン