/

この記事は会員限定です

モデルナ製ワクチン、武田が申請

国内3例目

[有料会員限定]

武田薬品工業は5日、米バイオ企業モデルナの新型コロナウイルスワクチンの製造販売承認を厚生労働省に申請した。承認は5月以降の見通しで、6月までに2000万人(4000万回)分の供給をめざす。

日本が契約した3種類のワクチンのうち米ファイザー製は2月に先行接種が始まった。英アストラゼネカも2月に承認申請済みだ。3例目のモデルナもそろえば、世界に遅れていた国内のワクチン普及が加速しそうだ。

モデルナ製は28日間隔で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン