/

この記事は会員限定です

原発敷地外は自治体の責務

[有料会員限定]

原子力発電所の安全性については、多層的な対策を講じる「深層防護」という考え方があり、国際原子力機関(IAEA)は5段階の対策を定める。1~4はプラントの設計や過酷な事故の対策などで、住民の避難は5に位置づけられる。日本の原子力規制委員会が審査の対象とするのは4までで、原発敷地外での緊急時の対応は自治体の責務となる。

柏崎刈羽原発がある新潟県では2017年、避難方法を巡る独自の検証委員会を設置。有識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン