/

この記事は会員限定です

〈来期業績を読む〉販管費節減続け増益に

利益率はコロナ前水準目標、ホンダ専務・竹内弘平氏

[有料会員限定]

4月1日付で6年ぶりに新トップが就任するホンダ。販売が回復するなかでも新型コロナウイルス下で進めた販売管理費の節減を継続し、2022年3月期の売上高営業利益率は19年3月期(4.6%)と同水準かそれ以上を目指す。財務を統括する竹内弘平専務に取り組みを聞いた。

――21年3月期の純利益見通しを2月に従来予想から750億円引き上げて前期比2%増の4650億円としました。一転増益になる要因は。

「コロナ禍で減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン