/

この記事は会員限定です

買収目的会社で米上場を検討

印ネット通販フリップカート、評価額3.7兆円規模

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り最大手ウォルマート傘下で、インドのネット通販大手フリップカートは特別買収目的会社(SPAC)を通じた米国株式市場での新規株式公開(IPO)を検討している。関係者によると、評価額は350億ドル(約3兆7600億円)以上を見込む。世界有数の成長市場であるインドで、競合する米通販最大手アマゾン・ドット・コムなどに対抗する。

米ブルームバーグ通信が4日報じた。ウォルマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン