/

この記事は会員限定です

トヨタなど、福島で水素事業

利用時の課題検証

[有料会員限定]

トヨタ自動車など各自動車メーカーが福島県で水素事業に参画する方針を固めた。日本自動車工業会(自工会)や水素普及団体を通じて、水素を物流や発電に利用する際の課題を検証する。世界最大級の水素製造装置のある福島県浪江町のほか、福島市や郡山市といった30万人規模の都市で水素を実際に使い、水素の普及に向けたノウハウを蓄積する。

5日、福島県浪江町を視察したトヨタの豊田章男社長は「人口30万人都市が福島、い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン