/

この記事は会員限定です

すず国際価格、9年半ぶり高値

通信機器の「はんだ」に需要

[有料会員限定]

すずの国際価格が一時9年半ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスの影響で世界的に在宅勤務が広がり、通信機器の製造などで使う「はんだ」需要が増えたためだ。天候不順に伴う主産地インドネシアの供給減も重なり、需給が引き締まっている。

国際指標となるロンドン金属取引所(LME)のすず3カ月先物は日本時間5日夜時点で1トン2万3000ドル台後半で推移する。2月下旬に終値で2万6800ドル前後と2011年夏以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン