/

この記事は会員限定です

リベラルなイスラーム 大川玲子著

共生めざす宗教解釈を考察

[有料会員限定]

1970年代に起きた、「真の」イスラームへの回帰を目指すイスラーム復興の要因のひとつは、近代学校教育であったとされる。一般ムスリムの識字率が向上し、自らクルアーンを読めるようになったことが信仰の見直しを促したという議論である。

本書が論じる「リベラル」なイスラームは、そこからさらにグローバル化が進んだ結果として起きようとしている変化ではないだろうか。人やものの国境を越えた移動はグローバル化時代を象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン